日本赤十字社茨城県支部ホーム茨城県支部の活動奉仕団基礎研修会を開催

奉仕団基礎研修会を開催

奉仕団基礎研修会

奉仕団基礎研修会 当支部では、県内を6つのブロック(県北、中央、鹿行、県西、県南A、県南B)に分けて、開催地を輪番制にして基礎研修会を実施しております。基礎研修会は、赤十字奉仕団員に赤十字への理解を深めてもらい、県内での赤十字活動の一層の推進を図ることを目的に開催しております。今年度も下記のとおり実施し、6ブロック全体で約450人の奉仕団員が参加しました。当支部職員による「赤十字について」の講義、奉仕団が主体となった「非常食炊き出し」、ボランティア指導員による救急法の講習など、赤十字に関する基礎的な知識や災害時などに役立つ技術を学びました。

- 開催日 開催地 内容
県南A 平成26年6月18日(水) つくばみらい市 赤十字について、非常食炊き出し、
健康生活支援講習
県南B 平成26年6月20日(金) 利根町 赤十字について、非常食炊き出し、
救急法講習
中央 平成26年6月24日(火) 水戸市 赤十字について、非常食炊き出し、
救急法講習、奉仕団活動紹介
県北 平成26年6月26日(木) 高萩市 赤十字について、非常食炊き出し、
幼児安全法講習、奉仕団活動紹介
鹿行 平成26年6月27日(金) 潮来市 赤十字について、非常食炊き出し、
救急法講習
県西 平成26年7月3日(木) 結城市 赤十字について、非常食炊き出し、
指圧講習

県南Aブロック

炊き出し袋を使った非常食作り(非常食炊き出し) 毛布を使ったガウン作り(健康生活支援講習)
炊き出し袋を使った非常食作り
(非常食炊き出し)
毛布を使ったガウン作り
(健康生活支援講習)

県南Bブロック

三角巾を使ったケガの手当の学習(救急法講習) 三角巾を使ったケガの手当の学習(救急法講習)
三角巾を使ったケガの手当の学習
(救急法講習)
三角巾を使ったケガの手当の学習
(救急法講習)

中央ブロック

炊き出し袋を使った非常食作り(非常食炊き出し) 心肺蘇生とAEDの使い方の学習(救急法講習)
炊き出し袋を使った非常食作り
(非常食炊き出し)
心肺蘇生とAEDの使い方の学習
(救急法講習)

県北ブロック

身近な物を使ったケガの手当の学習(幼児安全法講習) 身近な物を使ったケガの手当の学習(幼児安全法講習)
身近な物を使ったケガの手当の学習
(幼児安全法講習)
身近な物を使ったケガの手当の学習
(幼児安全法講習)

鹿行ブロック

三角巾を使ったケガの手当の学習(救急法講習) 心肺蘇生とAEDの使い方の学習(救急法講習)
三角巾を使ったケガの手当の学習
(救急法講習)
心肺蘇生とAEDの使い方の学習
(救急法講習)

県西ブロック

指圧の技術の学習(指圧講習) 指圧の技術の学習(指圧講習)
指圧の技術の学習
(指圧講習)
指圧の技術の学習
(指圧講習)

このページの先頭へ戻る

Copyright© 2012 Japanese Red Cross Society Ibaraki Chapter, All rights Reserved.