日本赤十字社茨城県支部ホーム茨城県支部の活動親子チャレンジプログラム開催

親子チャレンジプログラム開催

親子チャレンジプログラム

親子チャレンジプログラム開催 8月10日、親子が一緒になって赤十字活動を体験できるイベント「親子チャレンジプログラム」を水戸市社会福祉協議会(水戸市社協ボランティアセンター)との共催により開催し、小学1年生~6年生の親子16組が参加しました。参加した親子は、親子チャレンジプログラムの限定Tシャツを着て、赤十字のボランティアが災害時に行う非常食炊出し体験や三角巾を用いたケガの手当てを体験しました。参加者からは「参加できて、日赤が身近な存在になった」「このような活動を子どもに伝えることができてよかった」といった声が聞くことができました。

非常食の炊出し体験は、耐熱性の袋(ハイゼックス)を用いてお米が炊けることに、多くのお母さん方が驚いている様子でした。

親子チャレンジプログラム開催 親子チャレンジプログラム開催

三角巾の包帯法を学ぶ講習は、親をけが人に見立てて実施。子どもたちは、一生懸命、お父さんお母さんに三角巾を使って傷の手当てをしました。

親子チャレンジプログラム開催 親子チャレンジプログラム開催

昼食はカレーを用意。子どもたちは自分で炊いたお米が意外にもおいしかったらしく、おかわりをする子どもたちも見受けられました。

親子チャレンジプログラム開催 親子チャレンジプログラム開催

茨城県血液センターからは献血バス、水戸赤十字病院からは救急車の展示を行い、普段見ることのできない車に興味津々といった様子でした。

親子チャレンジプログラム開催 親子チャレンジプログラム開催

閉会式では、参加した子どもたちに修了証(カード)が授与され、誇らしげに修了証を受け取る子どもたちは、このプログラムを通して一段とたくましくなったようです。

親子チャレンジプログラム開催 親子チャレンジプログラム開催

このページの先頭へ戻る

Copyright© 2012 Japanese Red Cross Society Ibaraki Chapter, All rights Reserved.