日本赤十字社茨城県支部ホーム講習健康生活支援講習

健康生活支援講習

健康生活支援講習

誰もが迎える高齢期を、すこやかに迎えるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護技術などを学びます。

講習の種類

講習種類 受講資格 受講費(教材代等)
支援員養成講習 満15歳以上 900円
災害時高齢者支援講習 なし 52円
短期講習 なし 教材代の実費

講習内容

区分 概要 科目 時間
支援員養成講習 健康増進と高齢者に起こりやすい事故の予防・手当、地域における高齢者支援に役立つ基礎的知識・技術、日常生活の自立に向けた介護の知識と技術を学びます。
全日程参加者には「受講証」を発行します。また、検定希望者には学科検定を実施し、合格者には「認定証」を発行します。
高齢者の健康と安全/地域における高齢者支援/日常生活における介護 2時間程度×6単位+検定
災害時高齢者支援短期講習 被災された高齢者の避難所生活を支えるために、高齢者の不安を軽減し、安全と健康を守るための生活支援などを学びます。
全日程参加者には「受講証」を発行します。
災害について/災害が高齢者の及ぼす影響/接するときのこころづかい/気をつけたい病気や症状/知って役立つ技術/ボランティアの心得 2時間
短期講習 支援員養成講習の内容の一部 希望する内容 2~3時間程度
短期講習開催時の教材代
テキスト 災害が起ったときに(あなたが支援できること) 1冊 52円
保険代 セーフティプログラム保険 1人 100円

平成28年度赤十字講習日程表(健康生活支援講習)

1.支援員養成講習(受講条件:15歳以上/受講費:900円)
コース 日程 項目 時間 会場 定員

【項目】

  1. 高齢者の健康と安全のために
  2. 地域における高齢者支援に役立つ知識と技術
  3. 自立をめざした介護にあたって、移動動作について
  4. 車椅子での移動、食事のすすめかた、排泄ケア用品の使い方
  5. 着替え、ホットタオルによる熱布浴の方法
  6. 認知症の理解と高齢者への対応、住宅での見取りの要件

~講習項目について~

上記の1~6の項目をすべて受講すると養成講習修了となります。

未受講の項目がある場合は、翌年度末までに未受講の項目を受講することで修了となります。希望される場合は学科検定を受講できます。

2.災害時高齢者支援短期講習(受講条件:なし/受講費:52円)
コース 日程 時間 会場 定員
3.短期講習(受講条件:なし/受講費:無料)
コース 日程 内容 時間 会場 定員

~内容について~

A:日常の健康増進、生活習慣病等の予防、高齢者の理解など

B:寝返りや起こし方、車椅子の取扱、衣服交換の方法など

C:身体の拭き方、足浴や熱布浴の方法など

D:食事介助・排泄のお世話など

◎いばらきシニアカードを提示すると、冊子をプレゼント!

受講の申込先

講習の申し込みは、古河赤十字病院会場の場合は会場へ、その他は日赤茨城県支部へ電話でお申し込みください。

  • 日赤茨城県支部(平日9:00~17:00) 029-241-4516
  • 古河赤十字病院(平日8:30~16:30) 0280-23-7111

受付票の記入

講習の申込後に以下の受付票にご記入のうえ、講習当日にご持参いただきますと受付時間が短縮されますのでぜひご利用ください。(受付票での講習の申込はできません。)

このページの先頭へ戻る

Copyright © 2002-2016 Japanese Red Cross Society Ibaraki Chapter All rights reserved.