日本赤十字社茨城県支部ホーム講習水上安全法

水上安全法

水上安全法

水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などを学びます。

講習の種類

講習種類 受講資格 受講費(教材代等)
救助員I養成講習(プール) 救急法基礎講習修了者で一定の泳力をお持ちの方
【一定の泳力とは】
・クロール及び平泳ぎで100m以上。かつ、どちらかは500m以上
・横泳ぎ25m以上
・立泳ぎ3分以上
・潜行15m以上
・1m以上の高さから飛び込み
700円
救助員II養成講習(海) 水上安全法救助員Ⅰの資格を有する者 300円
短期講習 なし 教材代の実費
  • 安全管理の観点から、講習開始後に受講者の泳力が一定のレベルに達していないとスタッフが判断した場合は、途中で参加をお断りすることがあります。(受講費は返金いたしません。)
  • 一定の泳力は受講条件であり、検定項目ではありません。

講習内容

区分 概要 科目 時間
救助員I養成講習 水の事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の救助および応急手当などを学びます。
全日程参加者には「受講証」を発行します。また、検定合格者には「認定証」を発行します。
赤十字水上安全法について/水の事故防止/泳ぎの基本と自己保全/救助/応急手当 14時間以上+検定
救助員II養成講習 海、河川および湖沼での事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者救助および応急手当などを学びます。
全日程参加者には「受講証」を発行します。また、検定合格者には「認定証」を発行します。
赤十字水上安全法について/海、河川及び湖沼での事故防止/泳ぎの基本と自己保全/救助/応急手当 12時間以上+検定
短期講習 救急法基礎講習・救助員養成講習の内容の一部 希望する内容 2~3時間程度
短期講習開催時の教材代
小冊子 知っていれば安心です(AEDの使用に関する救急法) 1冊 52円
安全で楽しい水泳、水遊び 1冊 52円
教材 人工呼吸用マスク 1個 154円
保険代 セーフティプログラム保険 1人 100円

平成28年度赤十字講習日程表(水上安全法)

1.救急法基礎+救助員Ⅰ養成講習(受講条件:15歳以上で一定の泳力/受講費:2200円)
コース 日程 時間 会場 定員
※W101は4日間で1000円の会場費/W104は600円×4日分の入館料がかかります
※W105は会場の改修工事に伴い中止となりました
2.救助員Ⅱ養成講習(受講条件:救助員Ⅰ有資格者/受講費:300円)
コース 日程 時間 会場 定員

受講の申込先

講習の申し込みは、日赤茨城県支部へ電話でお申し込みください。

  • 日赤茨城県支部(平日9:00~17:00) 029-241-4516

受付票の記入

講習の申込後に以下の受付票にご記入のうえ、講習当日にご持参いただきますと受付時間が短縮されますのでぜひご利用ください。(受付票での講習の申込はできません。)

このページの先頭へ戻る

Copyright © 2002-2016 Japanese Red Cross Society Ibaraki Chapter All rights reserved.